前結びきもの学院信越本部

教室ブログ

あんずの花

2019年04月21日

更埴地区といえば、あんずの里で知られています。

あんずの花が一斉に開く頃は、一面のピンク色に染まり、

ピンクのじゅうたんの様に見えると言われています。

1

この地であんず染めの絵絣で、

きものを製作されている窪田先生の工房を尋ねました。

 

工房はあんずを始め様々な春の花が咲き出した自然の中に構えられていました。

43
あんずの花が好きでこの地に移られたとの事です。

2

 

あんず染めは、あんずの樹をくだき、煮出して、染料にされますが、

先生ご自身ではあんずの枝や樹を切った事はなく、

地域の方が切り落とした樹を運んできてくださる様です。

12

34

56

色についてお聞きしたところ、

“自分で色は作ろうとはしません。それぞれのあんずの樹が出す色を大事にします”

とても心に残る言葉でした!

1

 

本当にあんずが好きで一緒になって作品を生み出されている事が伝わってきました。

作品には少年の様な気持ちを持ち続けていられる先生の生き方が描かれている様で

ほのぼのとした気持ちにさせられます。

2 3

 

工房を後に、一番あんずの多い”森”地区に向かいました。

2

風がとても強い日でしたが、思う存分、春とあんずの花を楽しんできました。

自然から頂くパワーが大好きです。

1  3

イベント開催情報・レポート情報を随時更新中!!